チェンソーマンが打ち切りと言われた理由!2部が移籍になった事情も調査

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。
チェンソーマンが打ち切りと言われた理由!2部が移籍になった事情も調査

「チェンソーマン」は漫画家の藤本タツキ先生が描くダークヒーローファンタジーです。

週刊少年ジャンプにて2019年1号~2021年2号まで第1部「公安編」が連載され、2022年7月13日からはジャンプ+へと移籍し第2部「学園編」がスタートしました。

また、2022年10月にはアニメ化もされ、話題となった人気作です!

そんな「チェンソーマン」ですが、第1部は打ち切りではないか?その理由は?と噂されていました。

そこで、この記事では「チェンソーマン」が打ち切りと言われている理由と、2部がジャンプ+に移籍した事情について調べてみました!

※↑リンクをクリックで知りたい項目へ飛べます。

※この記事は原作漫画のネタバレを含むのでご注意ください。

チェンソーマン DMM TV

★チェンソーマン全話見放題★
月額550円&実質3ヶ月無料

DMM TVなら
  • 初回30日間の無料体験あり
  • ポイント利用で実質3ヶ月無料!
  • 月税込550円でアニメ5,000本以上見放題
  • DMMブックスで原作漫画も読める

\ チェンソーマン見逃し配信も見放題 /

期間中に解約すれば月額料金はかかりません

目次

チェンソーマンが打ち切りと言われた4つの理由!

ジャンプ+の人気作品だった「チェンソーマン」ですが、第1部の終了時点では打ち切りの噂があったようです。

「チェンソーマン」が打ち切りだったと言われる理由は、以下の4つと考えられます。

※↑リンクをクリックで知りたい項目へ飛べます。

①完結まで2年と短すぎた

コミックシーモアで
無料立ち読みOK!

チェンソーマン11巻 コミックシーモア

「チェンソーマン」が打ち切りになったと言われる理由の一つとして考えられるのが、連載からたった2年間で第1部が完結したという点です。

「チェンソーマン」 第1部『公安編』は、週刊少年ジャンプにて2019年1号から2021年2号までの2年間連載され、単行本では1巻〜11巻の内容です。

週刊少年ジャンプの人気作は軒並み長期連載となっており、数年前までは少なくとも4年以上連載される傾向にありました。

そのため、2年間という人気作としては短い期間で連載終了した「チェンソーマン」に打ち切りの噂が立ったのではないでしょうか?

しかしながら、最近の人気作は「鬼滅の刃」や「地獄楽」など人気の絶頂であっても下手に引き延ばさずに、作者の意向に沿う流れになっているようです。

「チェンソーマン」もそれらの作品と同様に、打ち切りではなく第2部に向けて一区切りつけるために連載を終了させたと考えられます!

エマちゃん

確かに最近のヒット作は短めで読みやすいかも!

リアム

物語が綺麗にまとまっていて完成度が高い作品ならアニメ化にも有利ですもんね。

②ラストの展開が急

「チェンソーマン」第1部 『公安編』の9巻~11巻にかけての第1部ラストは急展開の連続になっています!

物語のラスボスのような立ち位置の銃の悪魔が実は既に倒されていたり、味方だったマキマさんが主人公と敵対したりと驚きの展開が続きます。

一方、打ち切り漫画では予定していない段階で結末を迎えるため、ラストに急展開となることが多いようです。

そのため、ラストが急展開だった「チェンソーマン」も打ち切りになったのではないかという噂が流れたようですね。

しかし、「チェンソーマン」ではもともとスピーディーな展開とテンポ感が大きな魅力の一つです!

急展開のように見えるラストですが大きな伏線がいくつも回収されており、藤本タツキ先生の想定通りであると考えられます。

③グロ描写が多い

「チェンソーマン」は少年漫画とは思えないほどグロ描写が多いです。

デンジの変身シーンでは必ずと言っていいほど血が流れますし、内臓が描写されることも少なくありません。

登場する悪魔の造形も不気味なものが多く、人によっては気持ち悪く感じるようです。

また、「チェンソーマン」には嘔吐物、いわゆるゲロが結構な頻度で登場します。

ゲロが苦手な人にはそれらのシーンが気持ち悪く感じたりグロいと思う人もいるかもしれません。

以上のとおり「チェンソーマン」はグロ描写が非常に多いことから、少年漫画には不適切であると判断されて打ち切りとなった可能性はあります。

④2部の開始時期が不明確だった

「チェンソーマン」第1部が完結してから、第2部が開始するまで期間が空いてしまったのも打ち切りの噂が出た原因の一つかもしれません。

「チェンソーマン」 第1部は2020年12月14日に完結しています。

最終話を読んでいた当時の読者は、ラストに書かれた『第1部 公安編 完』を見て第2部の存在に大いに喜んだのではないでしょうか!

しかしながら、第2部の連載開始日の公表は2022年06月20日であり、第1部連載完了から1年半以上も間を置いています。

そのため正式に連載開始が発表される間に、「本当に第2部も連載するのだろうか?」「第1部で打ち切りになったのでは?」という噂が流れたのだと考えられます。

エマちゃん

2部の連載が正式に決まった時は本当に嬉しかったわ♪

リアム

不朽の名作「スラムダンク」も第1部完で完結だったので、それを知ってる漫画好きは心配も大きかったのではないでしょうか?

チェンソーマンが打ち切りを回避!2部が移籍になった理由

以上のように打ち切りではなく予定通りの第1部完結を遂げた「チェンソーマン」ですが、それではなぜ第2部がジャンプ+に移籍されたのでしょうか?

ここでは「チェンソーマン」第2部が移籍になった理由も調査してみました!

※↑リンクをクリックで知りたい項目へ飛べます。

①担当編集者の異動

2部でジャンプ+へと移籍した理由の一つとして、「チェンソーマン」担当編集者の異動であると考えられます。

藤本タツキ先生が絶大な信頼を置く担当編集者として、林士平(りんしへい)さんの名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

林士平さんは、「チェンソーマン」や藤本タツキ先生の前作「ファイアパンチ」、「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」、「ダンダダン」、「地獄楽」など多くの人気作の立ち上げや担当を手がける敏腕編集者として知られています。

そんな林士平さんは藤本タツキ先生の漫画賞初投稿作である「庭には二羽ニワトリがいた。」からずっと藤本タツキ先生の担当編集をしていました。

「チェンソーマン」第1部でも、ジャンプ+編集部所属でありながら担当編集として藤本タツキ先生を支えていたそうです!

そのため、「チェンソーマン」第2部がジャンプ+に移籍したのは、ジャンプ+編集部へと異動した林士平さんに継続して担当を続けてもらうためという説があります。

②作者の表現の幅を広げるため

もう一つ移籍の理由として考えられるのは、週刊少年ジャンプではできないような描写を可能にし、表現の幅を広げるためです。

グロテスクな描写や過激な表現は藤本タツキ先生の作品の魅力の一つです。

実際に「チェンソーマン」や「ジャンプ+」で連載されていた前作「ファイアパンチ」でも、藤本タツキ先生ならではの過激な表現が人気に拍車をかけたといっても過言ではありません!

週刊少年ジャンプ本誌ではどうしても規制がかかってしまう描写もあることから、ジャンプ+のWeb連載で藤本タツキ先生の表現力を際限なく発揮してもらうために移籍したのだと考えられます。

チェンソーマンが打ち切りを回避した理由は?

それでは「チェンソーマン」1部はなぜ打ち切りを回避できたのでしょうか?

その理由と合わせて「チェンソーマン」の魅力をお伝えします!

※↑リンクをクリックで知りたい項目へ飛べます。

①少年ジャンプらしくない作風

「チェンソーマン」が打ち切りを回避した理由の一つに、週刊少年ジャンプらしくない作風が挙げられます。

前述の通り、「チェンソーマン」はグロテスクな描写や過激な表現が多く、読者からは少年ジャンプらしくないと言われていました。

しかしそんな少年ジャンプらしくない作風こそが「チェンソーマン」の魅力であり、人気の要因であると言えます!

少年漫画のセオリーから大きく外れた作風だからこそ、他の連載漫画との棲み分けを可能にしているのだと思います。

少年ジャンプらしくない=今までの少年ジャンプになかった新しい作風であるとも言えるのではないでしょうか?

他に類を見ない唯一無二の作風こそ、「チェンソーマン」が打ち切りを回避した理由の1つでしょう。

エマちゃん

確かに初めて読んだときは衝撃だったわ!

リアム

少年ジャンプらしくない作風と王道な展開の絶妙なバランスこそ「チェンソーマン」の魅力ですね

②世界中からの爆発的な人気

日本だけでなく海外でも爆発的な人気があったことも、「チェンソーマン」が打ち切りを回避した理由の一つだと考えられます。

チェンソーマンは日本はもちろん海外での人気が高く、海外の漫画好きに高く評価されているんです!

そんな海外人気を証明するかのように、「チェンソーマン」は米国コミック業界で最も権威のある賞の一つである「ハーヴェイ賞」の「ベストマンガ」部門を2021年、2022年と2年連続で受賞しています! 

「チェンソーマン」がそのような海外人気を獲得できた要因には、藤本タツキ先生の下地となった映画好きな点があるのではないでしょうか!

前作「ファイアパンチ」や「チェンソーマン」で映画ネタがいくつもあったことから分かるように、藤本タツキ先生は様々な映画をリスペクトして作品に取り入れています。

「チェンソーマン」のキャラデザインやストーリー構成に見受けられる洋画やアメコミ映画の要素が、海外の方には馴染み深く爆発的な人気につながったようですね!

そんな海外人気の後押しもあって、「チェンソーマン」は打ち切りにならずに連載を終了することが出来たのかもしれません!

③先が読めないストーリー

先が全く読めないストーリー展開もチェンソーマンの魅力であり、打ち切りを回避した一因でしょう。

魅力的なキャラであっても容赦なく死亡する、予測不能な展開はドキドキやハラハラの連続です!

そんな予想外の展開とスピーディなテンポが魅力のストーリーですが、決してめちゃくちゃな構成ではありません

1巻から張り巡らされた多くの伏線が緻密に回収されるストーリーには、作者である藤本タツキ先生の構成力の高さに驚くこと間違いなしです!

そんな予想のつかないストーリー展開と驚きの伏線の数々があったからこそ、「チェンソーマン」は打ち切られずここまでの人気を得たのかもしれせんね。

リアム

特に9巻から11巻までの1部最終章の展開には目が離せません!

④魅力的なキャラ

魅力的なキャラクターが数多くいることも、「チェンソーマン」が打ち切りを回避できた理由の1つではないでしょうか。

「チェンソーマン」には、デンジをはじめとしていわゆる「少年漫画」とはかけ離れたまともじゃないキャラクターが数多く登場します。

最強のデビルハンターである岸辺隊長のセリフに「悪魔が恐れるデビルハンターは、頭のネジがぶっとんでるヤツ」というものがあります。

そのセリフ通り、作中のキャラクターのほとんどが倫理観がぶっとんだイカれた奴であるため、読者からすれば理解不能ながらも魅力的にうつることでしよう。

そんな魅力的なキャラクターたちの強烈な個性こそ、「チェンソーマン」が打ち切りを回避した最大の理由ではないでしょうか!

エマちゃん

私もデンジやパワーちゃんのぶっとんだ考え方が大好き!!

チェンソーマンが今後打ち切りになる可能性は?

最後に、チェンソーマンが今後打ち切りになる可能性について考えてみました。

編集部やジャンプ+の決定で打ち切りになることはない…と考えますが!?

チェンソーマンが打ち切り終了になる可能性は0%

結論からいうと、「チェンソーマン」が打ち切りになる可能性は0%です。

なぜなら、現在「チェンソーマン」第2部はジャンプ+の総合ランキングで常にトップ5入りしているほどの人気作だからです!

ジャンプ+の看板作品といっても良いほどの人気を誇る「チェンソーマン」を、ジャンプ+が打ち切るとはとても考えられません。

藤本タツキ先生次第で終わりになる可能性も…?

ジャンプ+編集部から打ち切られる可能性はほぼ0%であると思いますが、藤本タツキ先生本人が「チェンソーマン」を終わらせる可能性は0では無いかもしれません。

藤本タツキ先生は自分の描きたいものを描きたいように描く印象があり、ファンからは読み切り向きの漫画家であると言われることがあります。

そのため、藤本タツキ先生に「チェンソーマン」以上に描きたい漫画ができたとき、「チェンソーマン」を終わらせることは無いとは言いきれません。

エマちゃん

これからも打ち切りがなさそうなのは安心したわ♪

リアム

「チェンソーマン」2部は新たな伏線やキャラクターも多く登場してますし、今後の展開に目が離せませんね!

★チェンソーマンを全巻お得に読むならコミックシーモア!

チェンソーマン コミックシーモア
コミックシーモアなら
  • 「チェンソーマン」1冊70%OFF!459円→138円
  • 「チェンソーマン」全巻無料試し読みOK!
  • 定期的にもらえるクーポンやポイントで「チェンソーマン」をお得に読める
  • 月額コース加入で「チェンソーマン」実質全巻無料

>>チェンソーマンの無料立ち読みはこちら!

★チェンソーマンの漫画を全巻無料で今すぐ読む方法

チェンソーマンが打ち切りと言われた理由!まとめ

  • 「チェンソーマン」第1部は打ち切りではなく、予定通りの完結
  • 第2部がジャンプ+に移籍したのは、より作風に合った環境のため
  • 今後の2部の展開やアニメ2期に期待が高まる!
エマちゃん

打ちきりじゃないってわかって良かったわ!2部がどんな展開になっていくか楽しみ!!

リアム

アニメ1期以降の範囲も衝撃的な展開の連続なので、アニメ2期への期待が高まりますね!

★チェンソーマンDMM TVで今すぐ見放題!

チェンソーマン DMM TV

期間中に解約すれば
月額料金はかかりません

目次