「呪術廻戦」御三家とは?呪術界のエリート、五条家、禪院家、加茂家を解説!

呪術廻戦 御三家
エマちゃん

「呪術廻戦」の御三家って何?

リアム

「呪術廻戦」で1番人気のある五条悟も御三家の一人なんですよ。

「呪術廻戦」に登場する御三家は、長年呪術界をけん引してきた3つのエリート家系を意味します。

この記事では、

  • 「呪術廻戦」に登場する御三家とはなにか
  • 御三家である、五条家、禪院家、加茂家の当主や相伝術式

について紹介していきます!

※この記事の内容にはネタバレを含みますのでご注意ください!

★「呪術廻戦」アニメの見逃し配信と原作漫画を読むならU-NEXTがおすすめ!

  • 月額2,189円(税込)で23万本以上見放題
  • アニメの見逃し配信&過去作が充実
  • ポイントでレンタル作品&電子書籍も読める
  • 無料期間がたっぷり31日間!
目次

「呪術廻戦」の御三家は呪術界のエリート家系である

「呪術廻戦」に登場する御三家は、呪術全盛の平安時代から現在に至るまで、呪術界をけん引していたエリート家系です。

五条家(ごじょうけ)、禪院家(ぜんいんけ)、加茂家(かもけ)の3つの家系で構成され、長い歴史と圧倒的存在感で、現代においてもその影響力は計り知れません。

各家系には血筋によってのみ継承される相伝の術式が存在するため、御三家では名を継承する血統と、力を継承する術式が重んじられてきました。

たとえ正室の子であっても、才能の無い者や術式を持たない者は冷遇され、分家の子であっても相伝の術式を継承していれば手厚くもてなされます。

リアム

だから、本家筋の禪院真希(ぜんいんまき)や禪院真依(ぜんいんまい)が差別され、分家である伏黒恵が当主に指名されたんですね!

ちなみに、それぞれの家系同士の仲が非常に悪く、かつて朝廷の前で行われた御前試合では、五条家と禪院家の当時の当主が対戦し、相打ちで死亡しました。

「呪術廻戦」の御三家・五条家の当主や相伝術式は?

御三家のひとつである五条家は、日本三大怨霊・菅原道真(すがわらのみちざね)を祖先に持つ家系です。

五条家当主は五条悟

五条家の当主は、五条家の相伝術式・無下限呪術と六眼を持ち合わせた最強の呪術師・五条悟(ごじょうさとる)です。

現在、五条家は五条悟のワンマンチームとなっており、五条悟以外に有力な呪術師はいません。

そのため、五条悟の封印後は五条家の力が弱まるかと思われましたが、現在も呪術界における権力は保たれているようです。

引用元:「呪術廻戦」アニメ公式Twitter

ちなみに、非術師の生まれである乙骨憂太(おっこつゆうた)も菅原道真の子孫であり、超遠縁ではありますが五条悟の親戚ということが判明しました。

五条家の相伝術式は無下限呪術

五条家の相伝術式は無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)です。

五条悟と対象の間に絶対不可侵の空間を生み出す能力で、近付く物質の質量や危険度に応じて術式効果の発動を自動で選択します。

五条悟に近づくほどに対象物のスピードは落ち、何をしても五条悟に触れることは出来ません。

チートともいえる無下限呪術ですが、十分に扱うには六眼が不可欠。

六眼は対象の術式を見破り、呪力を感知できる五条家の特異体質で、五条家の歴史の中でも所有者はほとんどいません。

リアム

五条悟は400年ぶりに現れた無下限呪術と六眼の両方を持つ最強呪術師なんですよ!

術式順転「蒼」
術式反転「赫」
術式順転+反転虚式「茈」
領域展開無量空処
(むりょうくうしょ)

「呪術廻戦」の御三家・禪院家の当主や相伝術式は?

次は、強力な呪術師を積極的に取り込み、呪術界の歴史において確固たる地位を築いた禪院家を紹介します。

禪院家当主は伏黒恵

禪院家の現当主は伏黒恵(ふしぐろめぐみ)です。

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)が当主でしたが、渋谷事変で死亡。

本来であれば禪院直毘人の息子・禪院直哉(ぜんいんなおや)が当主となる予定でしたが、禪院直毘人の遺言書により伏黒恵が当主となりました。

その後、禪院真希の謀反により禪院家は壊滅。

五条家と加茂家が呪術総監部に禪院家の御三家除外を主張しましたが、現時点では保留となっています。

禪院家の相伝術式:十種影法術影(とくさのかげぼうじゅつ)

強力な呪術師を取り込んできた禪院家には、複数の相伝術式が存在します。

そのうちのひとつが、伏黒が継承した十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)です。

十種影法術は影を媒介とした式神術で、かつては五条家との御前試合において当時の六眼持ち無下限呪術師と相打ちになったことも。

10種の式神が登場する予定ですが、現在判明している式神は7種。

式神・玉犬「白・黒」→「渾」
・蝦蟇(がま)
・大蛇(おろち)
・鵺(鵺)
・満象(ばんしょう)
・脱兎(だっと)
・八握剣異戒神将魔虚羅
(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)
拡張術式不知井底(せいていしらず)
「蝦蟇+鵺」
領域展開嵌合暗翳庭
(かんごんあんえいてい)

八握剣異戒神将魔虚羅は登場こそしましたが、歴代の十種影法術師の誰一人として調伏できていません。

禪院家の相伝術式:投射呪法(とうしゃじゅほう)

もう一つの術式は、禪院直毘人と禪院直哉が継承した投射呪法です。

カメラや映像媒体の発達と共に生まれた術式で、十種影法術に比べ歴史が浅く、禪院家を象徴する相伝術式ではありません。

投射呪法は1秒を24分割、自らの視界を画角とした24のコマとみなし、あらかじめ作った動きを高速で後追いする能力。

禪院直毘人は圧倒的センスでこの術式を使いこなし、五条悟に次ぐ最速の術師として名を知らしめました。

「呪術廻戦」の御三家・加茂家の当主や相伝術式は?

最後は、史上最悪の呪術師・加茂憲倫(かものりとし)の家系として知られる加茂家を紹介しましょう。

加茂家当主は不明

現在、加茂家の当主は不明です。

というのも、次期当主は赤血操術(せっけつそうじゅつ)の使い手・加茂憲紀(かものりとし)でしたが、「呪術廻戦」190話において、別の人間が当主となったことが判明しました。

側室の子であっても相伝の術式を受け継いでいれば嫡男として加茂家に迎え入れられるほど、加茂家にとって血統と相伝術式は重要。

わざわざ加茂憲紀を嫡男と偽って加茂家に迎え入れた過去を考慮すると、現在の加茂家の当主も赤血操術の使い手と考えられます。

エマちゃん

加茂憲紀じゃない人が当主!?気になる~!

現時点では加茂家の当主の名前や術式は分かっていませんので、分かり次第記事にしたいと思います。

加茂家の相伝術式は赤血操術(せっけつそうじゅつ)

血統を重んじる加茂家の相伝術式は、自身の血を操る能力・赤血操術です。

遠近という問わず攻撃できるため使い勝手の良い術式ですが、大量の血を操るため貧血を起こしたり、水で血が流れると威力が半減するというデメリットも…

ちなみに呪胎九相図(じゅたいくそうず)の脹相(ちょうそう)も赤血操術を継承していますが、脹相は特級呪霊のため貧血になる心配はありません。

現在判明している赤血操術は以下の通り。

・赤鱗躍動(せきりんやくどう)
・赤鱗躍動・載(せきりんやくどう・さい)
・穿血(せんけつ)
・超新星(ちょうしんせい)
・百斂(びゃくれん)
・赤縛(せきばく)
・血刃(けつじん)
・血星磊(けっせいせき)
領域展開不明
エマちゃん

赤血操術だけ領域展開が分からないんだね!

リアム

技を組み合わせて色んな技を生み出せるけど、術者の力量によって威力が左右されます。

「呪術廻戦」の御三家について:まとめ

「呪術廻戦」に登場する御三家について紹介しました。

・御三家は呪術界のエリート家系
・五条家の当主は五条悟で、相伝術式は無下限呪術
・禪院家の当主は伏黒恵で、相伝術式は十種影法術と投射呪法
・加茂家の当主は不明で、相伝術式は赤血操術

エマちゃん

加茂家の当主がだれになったのか気になるね!

リアム

真希によって禪院家は壊滅状態ですし、これから御三家がどうなるのか楽しみです!

★「呪術廻戦」アニメ見逃し視聴と原作漫画のを読むなら、U-NEXTがおすすめ!31日間無料トライアルあり

  • 月額2,189円(税込)で23万本以上見放題
  • アニメの見逃し配信&過去作が充実
  • ポイントでレンタル作品&電子書籍も読める
  • 無料お試しがたっぷり31日間!
目次
閉じる