「鬼滅の刃」不死川兄弟の過去と最後をネタバレで紹介!兄弟愛に涙腺崩壊

鬼滅の刃 不死川兄弟 過去 最後 ネタバレ
エマちゃん

「鬼滅の刃」には兄弟がたくさん登場するよね!

リアム

様々な兄弟の形がありますが、今回は不死川兄弟にフォーカスを当てました!

この記事では、

  • 「鬼滅の刃」不死川兄弟の過去
  • 「鬼滅の刃」不死川兄弟の関係性
  • 「鬼滅の刃」不死川兄弟の最後

についてまとめてみました!

※この記事は原作漫画のネタバレを含むのでご注意ください。

★「鬼滅の刃」全巻お得に・安く読むならamebaマンガがおすすめ!

目次

「鬼滅の刃」不死川兄弟の過去【ネタバレあり】

兄弟といっても炭治郎や禰豆子のように仲がいいように見えない、風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)と鬼殺隊隊員・不死川玄弥(しなずがわげんや)。

リアム

それは二人の悲しい過去に理由がありました

引用元:「週刊少年ジャンプ」公式サイト

兄・実弥は鬼となった母を殺害

不死川家は実弥が長男、玄弥が次男、弟や妹を合わせて7人兄弟でした。

家庭内暴力を振るう父親は、恨みを買い刺されて死亡し、実弥は長男として母を守り兄弟を大切にしていました。

そんなある晩、母が帰ってこないため実弥が探しに行くことに。

玄弥と兄弟たちが不安の中待っていると、外で物音が聞こえたため母だと勘違いして扉を開けます。

しかし扉の前にいたのは鬼で、兄弟たちは鬼に襲われて殺されたしまったのです。

玄弥も襲われそうになりますが、戻ってきた実弥に間一髪のところ助けられました!

実弥は鬼と戦うために外に飛び出していきました。

玄弥も医者を呼ぶため外に出ると、そこには倒れた母親とナタを持った血まみれの実弥が・・・

死んでいた鬼は、母だったのです。

弟・玄弥の後悔

実弥は玄弥を守るために鬼と戦いますが、陽が昇って明るくなり、鬼が母だったということに気付き呆然と立ち尽くします。

そこに現れた玄弥は、母が亡くなっている姿を見て気が動転してしまい、実弥に「何で母ちゃんを殺したんだよ!人殺し!」とひどい言葉を浴びせてしまうのです。

しかしその後、襲ってきた鬼が母だったこと、実弥が玄弥を守るために必死に戦ったことに気づきました。

玄弥は自分を守るために、母を殺めてしまった兄・実弥に追い打ちをかけるように罵倒を浴びせたことを深く後悔し、謝りたいと思っていました。

リアム

この出来事をきっかけに二人は別々に暮らすようになります

「鬼滅の刃」不死川兄弟の関係性とは?兄弟愛はある?【ネタバレあり】

リアム

複雑な事情がある二人は、どんな関係なのかな?

エマちゃん

再会を果たした二人についてまとめたよ!

玄弥を突き放す兄・実弥

鬼滅の刃 不死川実弥
引用元:鬼滅の刃公式サイト

鬼によって家族を失った実弥は、鬼への憎しみを募らせる日々を送っていました。

あるとき、鬼殺隊士の粂野匡近(くめのまさちか)に出会ったことをきっかけに鬼殺隊に入隊し、柱になるまでに成長をしました。

そして「刀鍛冶の里」での戦いの後に行われる「柱稽古」で実弥と玄弥は再会します。

しかし鬼殺隊に入り必死で訓練を重ねる弟に対し、実弥は「お前は何の才覚もないから鬼殺隊を辞めろ」とけなしまくるのでした。

ずっと謝りたかったと伝えようとする玄弥にも「心底どうでもいい。失せろ」という始末。

エマちゃん

ちょっと冷たすぎるように感じちゃうね…

弟・玄弥の鬼殺隊に入った理由

引用元:鬼滅の刃公式サイト
リアム

一方の玄弥はなぜ鬼殺隊に入隊したのでしょう?

玄弥は兄を傷つけてしまった後悔がずっと胸の奥にありました。

兄にひどいことを言ってしまった自分を許せず、兄がいる鬼殺隊に入り「謝罪の言葉を伝えたい」一心で努力を重ねていたのです。

風柱である実弥に直接謝るために、柱を目指していた玄弥は焦りもあったのか登場したばかりのときはイライラしているキャラでしたね。

何より柱になることで兄に認められたいという気持ちもあったのかもしれません。

「鬼滅の刃」不死川兄弟の最後とは?【ネタバレあり】

エマちゃん

結局二人はどうなっちゃうの??

リアム

不死川兄弟の最後はどうなったのかまとめました!

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)との最終決戦の地、無限城で二人は上弦の壱である黒死牟(こくしぼう)と戦うことになります。

ここでやっと兄弟でお互いの気持ちを確かめ合うことになるのです。

引用元:「週刊少年ジャンプ」公式サイト

兄・実弥の玄弥への本当の想い

玄弥は霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)と共に黒死牟に挑みますが、その強さの前に歯が立たない状態でした。

わずかな隙に、玄弥は両腕を切り落とされ、胴まで割られてしまいます。

そこに兄・実弥と岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)が加勢します。

実弥はここで玄弥に対する本音を伝え始めたのです。

「何のために俺が母親を殺してまでお前を守ったと思ってやがる。テメェはどっかで所帯持って、家族増やして爺になるまで生きてりゃあ良かったんだよ」と話したのでした。

鬼殺隊で努力する玄弥に「辞めろ」と言ったのは、玄弥に死んでほしくない、幸せで生きていてほしいという気持ちからだったのですね。

弟・玄弥が最期に実弥に伝えたこと

瀕死状態でありながらも黒死牟との戦いに貢献した玄弥でしたが、その命が尽きようとしていました。

玄弥は死に際に体の崩壊が進む中「俺の兄ちゃんはこの世で一番優しい人」と涙を流しながら感謝の気持ちを伝えたのです。

どんなに冷たくされても突き放されても、実弥が誰よりも苦しみを背負っていたし、家族想いの優しい兄だということを玄弥は理解していたのですね。

本当に伝えたかった想いを伝えて玄弥は消滅してしまいました。

実弥は涙を流しながら「神様、弟を連れて行かないでくれ」と泣き叫ぶのでした。

二人はお互いのことを一番大切に想い合っていたのですね。

エマちゃん

二人の兄弟愛に涙が・・・

★「鬼滅の刃」全23巻が40%OFF!漫画を1番お得に読める電子書籍サイトはどこ?

「鬼滅の刃」不死川兄弟の過去と最後をネタバレで紹介!情報まとめ

今回は「鬼滅の刃」不死川兄弟の過去と最後をネタバレで紹介しました!

  • 「鬼滅の刃」不死川兄弟には悲しい過去があった!
  • 「鬼滅の刃」不死川兄弟はお互いの幸せを誰よりも願っていた
  • 「鬼滅の刃」不死川兄弟は最後に気持ちを伝え合うことができた
リアム

来世での二人の幸せを願わずにはいられません・・・

エマちゃん

悲しいけど、最後はお互いに気持ちを伝えらえてよかった!

目次