「ルビーレッドを噛み砕く」ネタバレ感想!β×Ω!特異体質の強い関係性を描く傑作!

ルビーレッドを噛み砕く ネタバレ感想

“結晶(フェロモン)が見える”――。
特異体質のΩが恋をしたのは、無色透明の結晶を持つ優しい先生(β)でした

リアム

この記事では、「ルビーレッドを噛み砕く」のあらすじ・感想をネタバレありでご紹介しています!

★「ルビーレッドを噛み砕く」コミックシーモアでいますぐ無料立ち読み

目次

「ルビーレッドを噛み砕く」のあらすじ【ネタバレあり】

ルビーレッドを噛み砕く ebookjapan
引用元:eBookJapan
作者朔ヒロ
出版社libre
レーベルビーボーイオメガバースコミックス
巻数全1巻
キャラ養護教諭のβ×特異体質のΩ
エロ度普通にエロい

オメガバース――男女の性別以外に、α(アルファ)・β(ベータ)・Ω(オメガ)の性別が存在する世界。

Ωである朱音(あかね)は、幼い頃から「フェロモンが肉眼で見える」という特異体質の持ち主。

人それぞれのフェロモンが、赤や青の輝く宝石のような結晶となって体から出てくるのが見えるのです。

中学時代、眩しい色や光に苦痛を感じていた朱音は、無色透明な結晶を持つ養護教諭の牧瀬(まきせ)(β)と出会い、初めて恋をします。

19歳になり、街中で偶然再会した二人。朱音は牧瀬に告白しますが、子ども扱いされ元生徒としてしか見てくれません。

そのうえ、牧瀬のフェロモンが無色透明であることには、ある秘密があって…。

>>「ルビーレッドを噛み砕く」をコミックシーモアで今すぐ無料立ち読み!

「ルビーレッドを噛み砕く」ネタバレ感想!

この物語は、なんといってもフェロモンが結晶として見えるというのがポイントです。

そして、なぜ牧瀬の結晶は無色透明なのか。

家族全員がαの中で、唯一βとして生まれたのが牧瀬でした。

両親からの関心や期待を失った牧瀬は、βとして自分を律し、我慢することを良しとする性格になってしまいます。

そんなとき、恩人である養護教諭と出会い、自分も同じ道を志すことに。

けれど牧瀬はβであるにもかかわらず、αの両親から生まれたためかΩの発情(ヒート)に反応してしまう体質でした。その予防のためα用の抗フェロモン剤を使用し、フェロモンが無色透明となってしまったのです。

自分のフェロモンに安心して慕ってくれる朱音に対し、本当のことが言えずに苦しむ牧瀬。

そのうえ、αでもない自分はΩである朱音と番になることもできない。

そんな想いから、「朱音くんが良いαと出会えたらいいなってずっと思ってた」と口にしてしまいます。

傷つく朱音ですが、恋愛じゃなくてもいいから会いたいと、一途に牧瀬を想い続けます。

ある晩、酒に酔った牧瀬に抱かれそうになり、薬を服用していることを知ってしまった朱音。

牧瀬が害のない安心する「先生」であり続けようと苦悩していることを知り、朱音は身を引く決意をします。

エマちゃん

真実を隠し続けてきた牧瀬と、その牧瀬のために恋を諦めようとする朱音に切なくも感動してしまいます。

「ルビーレッドを噛み砕く」おすすめポイント3選をネタバレありで紹介!

リアム

次に、「ルビーレッドを噛み砕く」のおすすめポイントを3つご紹介します!

おすすめポイント①:天使のように優しかった先生が、覚悟を決めて「男」になる瞬間

離れていってしまった朱音に、自分の本当の気持ちを自覚した牧瀬。

先生と生徒としてではなく、朱音に傍にいてほしいと愛を告白します。

それまではいい先生でいようと我慢し、大人な対応をし続けてきた牧瀬ですが、いったん覚悟を決めると、人前で告白するほどの大胆さと誠実さを見せます。

朱音の友人であるαにも嫉妬し、臆さず睨みつけてしまうほどのカッコよさ。

これまで天使のように優しかった先生が、タガが外れて何度も朱音を求める初Hは必見です!

おすすめポイント②:「オレ…見えててよかった」自分の特異体質に初めて感謝した朱音に感動

想いが通じ合い、初めて牧瀬に抱かれた夜。

朱音は自分の結晶と牧瀬の結晶が混ざり合い、溶け合ってキラキラと反射しているのを目にします。

幼い頃から疎ましかった特異体質でしたが、そのあまりの美しさに感動して、朱音は涙を流します。

エマちゃん

他者とは違う自身の特異性を、ようやく受け入れ認めることができた朱音の姿に感動です。

おすすめポイント③:運命の番(α×Ω)にも負けない、β×Ωの強い関係性

オメガバースでは、出会った瞬間に惹かれ合うα×Ωの「運命の番」が王道ですが、この物語はβ×Ωカップル。

Ωは発情(ヒート)時にαにうなじを噛まれると番になってしまうため、それを防ぐためβ×Ωのカップルはチョーカーを贈るのが定番とのこと。

それには「誰の番にもならないで」という想いも込められているのです。

牧瀬にチョーカーをもらった朱音は、嬉しさのあまりボロボロと泣き出し、そのあともずっと嬉しげにチョーカーを身につけています。

エマちゃん

その姿が本当にいじらしく可愛いんですよね。

対する牧瀬にも、Hの最中にはついつい朱音のうなじを噛んで痕を残してしまうという一面が。

番にはなれないと分かっていても、朱音は自分の恋人で誰にも渡さない、という独占欲が垣間見えます。

運命的でロマンティックな展開だけがオメガバースではありません。

それにも負けない一途で強い関係性のβ×Ωカップルをぜひご堪能下さい!

★「ルビーレッドを噛み砕く」を無料・安く読める電子書籍サイトの情報はこちらから!

「ルビーレッドを噛み砕く」ネタバレ感想!まとめ

リアム

朔ヒロ先生の「ルビーレッドを噛み砕く」のあらすじと感想を、ネタバレありで紹介しました!

「ルビーレッドを噛み砕く」は、電子書籍サイトのコミックシーモアで配信中!

無料の会員登録をすれば1冊70%オフのクーポンがもらえるので、「ルビーレッドを噛み砕く」が1冊790円→237円で読めますよ!

エマちゃん

コミックシーモアなら、漫画を買う前に無料立ち読みもできるので安心です!

★「ルビーレッドを噛み砕く」をコミックシーモアで今すぐ無料立ち読みする!

目次